萌福祉サービス

コネットちゃん02

私たちの取り組み

やりがいを実感する

写真28私たちは職員の皆さまが、毎日仕事をするだけで満足して欲しいとは思っていません。
人は誰しも人から評価されたり、褒められたりすることを潜在的に望んでおり、それなくしては働くことに意義を見出せないと考えています。
単純に仕事をする場所というだけではなく、もっと仕事に張り合いを持って望んでいただき、より高みを目指していただきたいと、懇親会や報奨制度などを実施。
仕事に真剣に取り組むことが褒章へとつながり、ひいては自分の評価になる職場を私たちは目指しています。

正しい評価と給与を勝ち取る! 「モエズ マイスター制度」
マイスター制度1 マイスター制度2 マイスター制度3 マイスター制度1 マイスター制度2 マイスター制度3
マイスター制度4 マイスター制度5 マイスター制度4 マイスター制度5

萌福祉サービスが毎年行っている社内試験「MOE’S マイスター試験」。
これは年に1度、筆記と実技試験で、設定したマニュアルの実践度を測り、実力を等級で評価するシステム。

この試験に合格した回数が、そのまま職員証に等級として「★」が記載されるので、職員のレベルが利用者様からもひと目で分かります。超難関の試験をパスして★を複数保有しているのは高い介護技術を持った職員ということになります。
等級を得ることができると、それに応じた手当が給与に付与されるので、利用者様の豊かな生活を支えることが、自らの人生を支えることに繋がる試験なのです。

事例発表でグァムを目指せ! 「MOE’S CARE CONVENTION」
MCC1 MCC2 MCC3 MCC4 MCC1 MCC2 MCC3 MCC4

2015年より開催されている「モエズ・ケア・コンベンション(以下MCC)」。
これは正社員もパート職員も含め、全職員が介護を通して受け取った感動や喜び、苦労や工夫などに対する取り組みを「事例」として当社の役員の前で発表するもの。単純に発表するだけでなく、役員に対し直接想いをぶつけたり、

しっかり評価をもらって表彰されたり、さらに副賞の「ご褒美」も恩恵として与れるものです。この発表により各事業所がどんな取り組みをして、どんな成果を上げているのかを知る絶好の機会が訪れます。仕事の誇りや尊さを喚起して、優れた取り組みを共有することで成長材料となり、職員のさらなる発展と学びの場となるのがMCCなのです。

写真3
喜びのサイクルを紡ぎ出せ! 「接遇チップ制度」
接遇チップ1 接遇チップ2 接遇チップ3 接遇チップ4 接遇チップ1 接遇チップ2 接遇チップ3 接遇チップ4

職員のモチベーションを高揚するとともに、利用者様に対するより良い接遇を実現する制度。まずは大型事業所(篠路、手稲、滝川、上砂川、帯広、苫小牧、函館)で取り組んでいます。最終的には自ら「どうするべきか」を考え、行動できるようになってもらうのが目的の一つです。
利用者様やご家族様が「よい接遇だ」と思える職員へ渡す「Goodチップ」は、上長へ提示すると褒賞金を獲得することができます。自分の接遇がやりがいとなり、利用者様からは普段の感謝の気持ちを表現する方法として活用されています。

プリセプティ拡大会議

プリセプティ拡大会議一人の新入職員に勤続2年目以上の先輩職員が一定期間マンツーマンで教育を行なうプリセプター制度。新卒で入社した職員の皆さまには、研修期間修了とともにプリセプティ拡大会議に参加いただきます。
改めて共に働く仲間として、職員証の授与に始まり、会社と新卒職員の双方からこれからどうあるべきか、どうしたいのか、そしてより充実した仕事と自分の暮らしを送るために色々な想いをぶつけ合う場となります。
また新卒職員の皆さまが、今後社会人として過ごしていく中で必要とされるであろう、色々なマナー講座やお食事会なども実施いたします。

さわやか親睦会+褒賞授与式

さわやか懇親会私たちが掲げる「あるべき職員像」の一つとして、「企業理念」ならびに「MOE PRIDE.Action 8」を遵守し、継続的に一定以上の成果を出している事業所、並びに職員を評価・表彰しています。
1年を通じて萌福祉サービスの職員のお手本として、高い向上心と意欲を持ち、技術の向上に励んでいる職員を褒め称える場として、毎年年末に「さわやか親睦会」開催。その中で大々的に褒賞授与を行っています。
また来年も引き続き成果を出すために決意を新たにする場として、全施設、全職員が参加しています。

現在募集中の職種はこちらから

  • back

© 2016 MOE Welfare Service Co.,Ltd.

お問い合わせはこちら